数学を知って得をする!ITを使って楽になる!

増井技術士事務所 〜 技術士(情報工学部門)

ニュース解説

ニュース解説

日々発信されるニュースを見ていると、その背景にある知識がないとよくわからないものがあります。このページでは、数学とITに関するニュースについて、その裏側にある情報をニュースと合わせてお伝えします。

気になるニュースが発生したときに不定期に更新しています。取り上げて欲しいニュースなどがあれば、お問い合わせいただければと思います。

コンテンツ

遠隔操作ウイルスの発見はなぜ難しいのか?
2012年に話題になった遠隔操作ウイルス。どのような仕組みで動作しているのか、なぜ感染していることに気づけないのかを理解しましょう。
一ヶ月に2回ある5%オフはお得?
実数と割合を理解し、日常生活のあらゆる場面に潜んでいる罠にだまされないようにしましょう。
意外と多い?問い合わせフォームの不完全な暗号化
「暗号化して送信します」と書かれているフォームはよく見かけますが、実際に正しく運用されておらず、個人情報の漏えいにつながるケースが存在します。
Man in the middle attack(中間者攻撃)とは
暗号化して送信しても、実は他人が見ることができる方法があります。それが「Man in the middle attack(中間者攻撃)」です。
フィッシング詐欺は銀行だけじゃない!
銀行やクレジットカード会社のページにログインするときは気を付けていても、ほかのページだと気を抜いていませんか?実は偽サイトかもしれません。
メールの送信になぜ587番ポートを使うのか?
電子メールを送信する際、メールソフトの設定でポート番号の指定があります。最近は587番ポートを使用することが多いですが、その理由を理解しているでしょうか?
CHAP(Challenge Handshake Authentication Protocol)
インターネットに接続する際に用いられる認証方法のひとつにCHAPがあります。このときにプロバイダから送信される「チャレンジ」、日本語では「誰何」が対応します。
標的型攻撃からの侵入を防ぐポイントは「犯人の立場に立つ」こと
特定の企業や個人を狙った「標的型攻撃」。これまでのようなウイルス対策だけでは防げなくなっています。その理由を知り、対策を立てるには「犯人の立場に立つ」ことが必要です。

お問い合わせ

「もっと詳しく知りたい」「個別に質問してみたい」など、このページに関するお問い合わせは下記よりご連絡いただければと思います。

様々なご要望に柔軟に対応可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら