増井技術士事務所 増井技術士事務所

書籍「プログラミング言語図鑑」の出版が決定

2017年07月18日

増井技術士事務所(代表:増井 敏克)は、2017年08月01日にソシム株式会社より書籍「プログラミング言語図鑑」を出版します。

プログラミングを学ぶとき、どの言語から始めるのがよいのか、というのはよく議論になります。学校の授業で使う場合は選択肢がなく、先生が選んだ言語で始めるかもしれません。仕事の場合は、会社の方針や顧客の指定によって決まることもあります。一方、個人的に興味を持って学ぼうという人にとっては、多くの言語のなかからとりあえず1つを選ぶことになります。このとき、「今の言語で不便していない」という理由だけで新しい言語を学ぼうとしない人もいます。

しかし、本当にそうでしょうか?プログラミングを行っていると、「なぜこんな処理を毎回書かなければいけないんだろう」といった疑問や、「コンパイルに時間がかかって無駄な時間を過ごしている」「無理な短納期での開発を要求される」など、さまざまな状況が発生します。しかし、欲しい処理の実現は、別のプログラミング言語を使えば簡単なことかもしれません。複雑な処理を実装するのはたいへ んですが、言語を変えると簡単に実現できたりします。

普段使っている言語に不満がなくても、新しい言語を学ぶことで、違う視点から考えられることはよくあります。今まで使っていた言語にも新たな実装方法が見つかり、深く理解することにつながるかもしれません。複数のプログラミング言語を学ぶだけで、プログラミングのスキルが大きく向上することもあります。ぜひ、他にどんな言語があり、どんな違いがあるのか、学んでみませんか?

プログラミング言語図鑑

本書の内容

本書では、数あるプログラミング言語のなかから、多くの人に支持され、またこれから注目される言語を厳選しています。解説イラスト付きで、言語の特徴やポイント、知っておきたいキーワードなどをやさしく解説しました。 各言語ごとに掲載した「ハノイの塔」のサンプルプログラムは、オンラインで実行して、すぐに試せます!


書籍の概要

タイトル プログラミング言語図鑑
~ねぇ、みんな!次の言語は何にする?~
著者 増井 敏克(増井技術士事務所 代表)
価格 1,680円+税(200ページ)
出版社 ソシム株式会社
本書のサポートページ
発売日 2017/08/01
Facebook Facebookページで情報提供中!
Amazon Amazonで購入